半沢直樹2ネタバレ│銀行にリークしたのは誰?セントラル証券の裏切り者は諸田 | Forestar

半沢直樹2ネタバレ│銀行にリークしたのは誰?セントラル証券の裏切り者は諸田

2020年4月19日に放送されるTBS系列の”半沢直樹2

堺雅人さん主演の日曜劇場で、

前作は平成のドラマで視聴率歴代一位となった話題作で、7年ぶりの続編です。

続編では、出向となった半沢直樹が東京セントラル証券で奮闘するところから始まります。

今回の記事では、銀行にリークしたのは誰か?について書いていきます。

【半沢直樹】東京セントラル証券の裏切り者は誰?

7月19日放送の第一話では東京セントラル証券VS東京中央銀行、という、

子会社と親会社の対立がありましたね。

 

電脳集団からの大型案件を半沢達が対応していたところ、別のところとの契約で打ち切られます。

そして、横取りされた相手が、別の銀行などではなくて、親会社である東京中央銀行でした。

 

親会社と子会社の関係とはいえ、子会社の持つ案件を親会社が横取りするということはありえないこと。

子会社のもつ情報を親会社が知るというのは、おかしいコトだ、ということで、

セントラル証券の誰かが銀行にリークしたのではないか?ということでした。

 

その裏切り者、それは、諸田部長です。

市川猿之助さん演じる伊佐山部長は大和田常務の事で半沢直樹に恨みがあり、

諸田と三木(東京03角田)に頼まれ、これはいいぞと、横取りを仕組んだようでした。

そして、銀行からの出向組の諸田と三木(東京03角田)は、銀行に戻れる人事を伊佐山部長にお願いしたのでした。

 

 

まとめ

今回の記事では2020年4月19日スタート【半沢直樹】

【半沢直樹2】見逃し動画!1話~最終回を無料視聴!11の動画サイトを調査

またこちらに関しては、確定しましたら追記していきますね。

ぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください