MIU404第6話ネタバレ│志摩(星野源)の過去の真相とは?相棒に何があった? | Forestar

MIU404第6話ネタバレ│志摩(星野源)の過去の真相とは?相棒に何があった?

綾野剛&星野源が機捜バディでW主演を果たすTBS金曜ドラマ【MIU404】。

オリジナルドラマで、脚本を担当するのは『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年)、『アンナチュラル』(2018年)などを手掛け、数々の賞を受賞している野木亜紀子さん。

また、米津玄師さんが主題歌を担当するということで話題となっています。

今回は7月31日放送の第6話のネタバレを書いていきます。

「相棒殺し」と噂される志摩(星野源)ですが、過去、相棒の香坂(村上虹郎)と何があったのか、

ネタバレです。

第6話ネタバレ

さかのぼって2013年8月8日、志摩(星野源)の119番通報で、

香坂(村上虹郎)が倒れている、と連絡がありました。

香坂は片方の靴を履いて、もう片方の靴は屋上にありました。

そして近くにはグレングリアンのウイスキーのボトル。

香坂は、酒が飲めなかったはずなのに遺体からはウイスキーの匂いがするほどに、飲んでいた状態でした。

第一発見者かつ通報者が志摩だと、相棒殺し、と疑われるのもおかしくないですね。。

 

香坂は、自殺なのか?他殺なのか?

カギとなるのは、香坂が亡くなった日に捕まった、タリウムによる連続毒殺犯の女、南田弓子

香坂と志摩の二人は、その女を追っていました。

 

優秀な志摩と相棒の香坂は、自分も手柄を挙げたいと、

南田弓子に単独で近づきます。

そして逮捕前、南田弓子の家宛のタリウム発送があったことの証拠があった!と香坂は提出します。

同じとき、南田弓子が逃げ出した、と捜査一課は総出で飛び出します。

しかし、その中で、志摩は香坂に、その証拠はでっち上げだろ?と詰め寄ります。

志摩と香坂が追い、接触していた女は、面白がって南田弓子に成りすましていたタチが悪いだけの女で、

香坂は、無実の女を犯人と仕立て上げるところでした。

 

警察官として、行き過ぎた正義を振りかざしてしまった香坂は後悔し、志摩宛に退職届という名の手紙をしたためます。

そして、その夜、事故でビルから転落死してしまうのでした。

なぜ転落してしまったのか、分からない志摩は、

香坂が手紙をしたためているとき、一緒にビルの上で志摩さんのお酒を飲みましょうよ、と誘われたとき、

いくらでも、声をかけるタイミングがあったのに、見過ごしていたことを後悔していました。

事故だとして、自殺してしまうほどに追い詰められた香坂に言えるコトは相棒としてあったからです。

 

真実は、自殺ではなく、香坂は、警察官として、向かいのビルの事件を通報し、急いで現場に向かおうと階段を走り降りたときに、足を踏み外した、という事でした。

感電 ロケ地の遊園地はとしまえん!アトラクションも特定!米津玄師のMV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください