半沢直樹2│裏切り者は紀本と大和田どっち?曽根崎に指示していたのは誰? | Forestar

半沢直樹2│裏切り者は紀本と大和田どっち?曽根崎に指示していたのは誰?

2020年7月19日に放送されるTBS系列の”半沢直樹2

堺雅人さん主演の日曜劇場で、

前作は平成のドラマで視聴率歴代一位となった話題作で、7年ぶりの続編です。

続編では、出向となった半沢直樹が東京セントラル証券で奮闘するところから始まり、

第5話からは、帝国航空の立て直しに半沢直樹は立ち向かいます。

第6話で、金融庁検査がありましたが、帝国航空の前担当の曽根崎が、ある上司の指示で、不正をしました。

その上司とはだれなのでしょうか?

裏切り者は紀本常務?大和田?

第6話では、半沢がタスクフォースに啖呵を切ったせいでか、金融庁調査が入ってしまった東京中央銀行。

前担当の曽根崎が作った帝国航空の再建案が、金融庁に提出したものと、銀行の保管している書類とで、数字が異なり、なぜ異なっているか、が問われました。

帝国航空側のミス、とその場を乗り切るも、

真実は、銀行側が、当時の金融庁の検査を乗り切るために、正しくない書類を提出していました。

曽根崎は、上司の指示に従っただけ。

その上司は、大和田か・・?紀本か・・?

 

原作では紀本常務?

原作の銀翼のイカロスでは、大和田常務は登場しません

前作の反響を受けてか、ドラマ版では出演していますが、そうなると、原作では紀本常務と大和田、どっち?となることもなく、紀本常務一択だったと考えられます。

金融庁検査でも黒崎に説明したり、曽根崎に状況報告書の作成を指示するなどしていたので、

紀本常務が不正を指示していた上司であると考えられます。

銀翼のイカロス (文春文庫) [ 池井戸 潤 ]

ですが、ドラマ版でわざわざ大和田さんを登場させて、大和田さんに倍返しさせるドラマオリジナルの設定かもしれないですよね。

予告を見てみると、大和田と半沢で曽根崎に問い詰めるシーンが。

大和田さんが指示した人物ではない、ということでしょうか。

ネットの反応

紀本常務だ!という予想がほとんどですね!!

今後の展開が気になります!!

半沢直樹2│大和田常務の名言と顔芸全話まとめ!ネットの反応が面白すぎる!動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください