【ルパンの娘】深田恭子の図書館のロケ地撮影場所はどこ?飯能市立図書館で特定! | Forestar

【ルパンの娘】深田恭子の図書館のロケ地撮影場所はどこ?飯能市立図書館で特定!

2019年7月11日からフジテレビ系列で【ルパンの娘】が放送開始となりますが楽しみですね(^^)

なんでも今回は深田恭子さんが泥棒一家で生まれたという設定で、恋人の瀬戸康史さんが警察一家に生まれたという面白い相関図。

その中で二人の恋愛ドラマは一体どうなるのか?にも注目していきたいドラマです。

そして、その2人が出会ったのが深田恭子さんが勤めている図書館です。

そこで2人は恋に落ちるという流れなのですが、このドラマの聖地ともなりそうな図書館のロケ地って一体どこなのでしょうか?

今回の記事では【ルパンの娘】の図書館のロケ地撮影場所がどこなのか?について紹介をしていきます!

【ルパンの娘】深田恭子の図書館のロケ地撮影場所はどこ?飯能市立図書館で特定!

今回のドラマでは深田恭子さんは泥棒一家【Lのイチ族】に生まれた美雲華役を演じます(^^)

なんでも深田恭子さんはLのイチ族の中でもトップの才能を持っているようですが、泥棒が嫌で図書館で図書館司書として働いています。

そんな時に図書館で瀬戸康史さんと出会い、運命的な恋に発展するという話です!

ちなみにドラマのインスタでも図書館のような場所がチラッと映っていますし、ネットでは【このロケ地ってどこなのか?】と話題になっています!

ということで早速調査をしてみました。

その結果、ルパンの娘で使われた図書館を発見しました。

それこそが埼玉県にある”飯能市立図書館”です!

ちなみに館内の画像がこちらです。

とてもキレイなことが有名で、雪の華という映画のロケ地で使われたことでも知られています(^^)

本当にキレイですし、今後この【ルパンの娘】をきっかけにして更に訪れる人が多くなりそうですよね(^^)

私も行ってみたい気持ちになりましたし、夏休み期間で訪れてみるのもアリですね♪

ネットの声も紹介

それではここからネットの声も合わせてご紹介をしていきます!

といったように【ルパンの娘】を期待する声が多くありました。

やはり警察と泥棒が恋に落ちるって面白い設定ですし、深田恭子さん演じるドラマや映画ってめちゃくちゃ面白い印象多いですもんね。

まとめ

今回の記事では2019年7月ドラマで期待の【ルパンの娘】について、深田恭子さんがいる図書館はどこなのか?について紹介していきました!

こちらの図書館は二人の出会った場所でもあることから、ドラマのロケ地の聖地となりそうですし、楽しみですよね♪

この他の記事でも【ルパンの娘】で深田恭子さんが身に付けたイヤリングなども紹介予定ですので、もう少々お待ち下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください