【TWO WEEKS】柏木愛のデジカメに写ったモノとは?韓国原作でネタバレ | Forestar

【TWO WEEKS】柏木愛のデジカメに写ったモノとは?韓国原作でネタバレ

2019年7月16日にフジテレビ系列で【TWO WEEKS】の放送が開始しました。

非常に緊迫した感じで、三浦春馬さんのダメ男っぷり。

そして高島政信さんの悪役の演技力などネットは話題沸騰になっていました。

さて、今回の記事は月島楓(芳根京子)の協力者だった柏木愛がデジカメで撮影したモノは一体なにか?について紹介をしていきます。

それでは早速確認をしていきましょう!

※これから先は韓国の原作ネタバレをしていきますので、ご注意ください。

【TWO WEEKS】柏木愛のデジカメに写ったモノとは?韓国原作でネタバレ

こちらは韓国のネタバレをベースに推測をしています。

まず結論を言ってしまうと、柏木愛のデジカメにはある2人の人物の秘密が隠れています

その2人の人物とは”高島政信”さんと”黒木瞳”さんが”あるモノ”を密輸してお金儲けをしようとしている現場が写っています

ちなみに”あるモノ”とは韓国版では違法のものです。

恐らく日本版だとなにかしら形は変わると思いますが、2人が繋がっている証拠を示した写真です。

つまり物語のキーとなるアイテムということですね。

【TWO WEEKSのネタバレ】デジタルカメラの行方は?

TWO WEEKSの鍵となる”デジタルカメラ”。

ただ、このデジタルカメラはどんどんと人の手に移り、大変なことになります。

韓国版をベースにすると以下のような流れでカメラが移動します。

  1. 柏木愛が三浦春馬に預ける
  2. 三浦春馬が自宅に持って帰る
  3. 三浦春馬の弟がデジタルカメラを借りる
  4. 三浦春馬の弟が彼女の家にデジカメを置いていく
  5. その彼女がデジカメを別の友だちにあげる
  6. 友達はデジカメを売っている
  7. 最終的にデジカメはある大学生が持っている

などなどでデジタルカメラはかなり移動して、そのデジカメを探す。

そんなストーリー展開が今後繰り広げられると思います。

ネットの反応は?

ここからネットの反応を紹介していきます。

といった声が多く見受けられました。

やはり、1話でも大切な証拠として扱われていましたし、気になる方も多かったみたいですね。

まとめ

今回の記事では【TWO WEEKS】で柏木愛が三浦春馬に渡したデジタルカメラについて真相を紹介していきました。

今後のストーリーを動かす大きなモノとして登場していきますので、そちらも注意して見ていただければと思います。

【参考記事】【TWO WEEKS】見逃した方必見!無料で見る方法を紹介

【参考記事】【TWO WEEKS】ネタバレはこちら

また他の記事では【TWO WEEKS】のネタバレや見逃しについても紹介しているので、ぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください