グランメゾン東京1話│パリのロケ地はどこ?ランブロワジーは30年連続3つ星レストラン | Forestar

グランメゾン東京1話│パリのロケ地はどこ?ランブロワジーは30年連続3つ星レストラン

木村拓哉さん主演のドラマ

「グランメゾン東京」

が 2019年10月のTBS系毎週日曜よる9時から放送されます!

木村拓哉さんが演じるのは、型破りなフランス料理のシェフ・尾花夏樹 (おばな・なつき)。

パリで撮影が行われるということですが、撮影が行われたパリのレストランロケ地が気になります。

見ていきましょう!

【グランメゾン東京】あらすじ

木村拓哉さんが演じるのは、型破りなフランス料理のシェフ・尾花夏樹 (おばな・なつき)。

料理に人生をかけ、その天賦の才能でパリに自分の店を持ち、二つ星を獲得する。

しかし、己の慢心から招いた重大事件によってその座を追われ、店も仲間もすべて失ってしまった男だ。

どん底まで転落した尾花が鈴木京香演じる女性シェフ・早見倫子 (はやみ・りんこ) と出会い、

もう一度シェフとして生き直し、周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストラン 「グランメゾン東京」 を作り上げようと奮闘する姿が描かれていく・・・

木村拓哉さんがシェフ姿だときまっていますね~!

ビストロスマップを思い出します!

予告のティザーでは、パリでのシーンがありますが、ロケ地として使われるのは、

フランス・パリで3つ星を30年以上獲得し続け、テレビ撮影が世界初という、

「ランブロワジー」です。ご紹介します。

 

ランブロワジーがすごい!

ドラマ、グランメゾン東京のパリのシーンで利用されたのは、

パリの超高級三つ星レストラン 「ランブロワジー」。

  • 世界最高峰激戦区・パリにある。
  • うち、ミシュランに三つ星の評価を受ける店はわずか9店舗
  • 三つ星を30年以上獲得し続ける世界でも希少なレストラン。
  • テレビドラマのカメラが入ったのは、『グランメゾン東京』 が世界初

料理の評価が世界最高峰、そしてそれを長年継続しているのもすごいですが、

テレビの撮影が世界初といのが驚きの、もう世界一といってもいいのではないでしょうか。

すごいレストランです・・!!

ドラマのスタッフの熱意と、それを聞き入れた 「ランブロワジー」 のシェフ、ベルナール・パコー氏の心意気によって撮影が実現したとのことです!!

 

まとめ

木村拓哉さん主演のドラマ

「グランメゾン東京」

が 2019年10月のTBS系毎週日曜よる9時から放送されます!

木村拓哉さんが演じるのは、型破りなフランス料理のシェフ・尾花夏樹 (おばな・なつき)。

パリで撮影が行われるということですが、撮影が行われたパリのレストランロケ地がすごいレストランでした。 放送が楽しみです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です