【4分間のマリーゴールド】原作の結末ネタバレ!みことと沙羅は結婚でハッピーエンド? | Forestar

【4分間のマリーゴールド】原作の結末ネタバレ!みことと沙羅は結婚でハッピーエンド?

2019年10月からスタートする『4分間のマリーゴールド

みこと(福士蒼汰さん)沙羅(菜々緒さん)の禁断の恋を描いているマンガ原作のドラマです。

そして、その禁断の恋を燃え上がらせるように、みことの余命が1年しかないという事実。

2人の恋の行方はどうなるのか?が気になる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今回の記事では4分間のマリーゴールドの結末ネタバレを原作マンガからご紹介します。

※この先、原作マンガのネタバレが入りますので、ご注意ください。

【4分間のマリーゴールド】原作の結末ネタバレ!

最初にみことと沙羅の関係性を簡単にご紹介していきます。

みことと沙羅は血の繋がっていない家族です。

みことは幼い頃に実の母親を亡くし、9歳のときに父親が再婚。

そして沙羅と出会い、家族となります。

ただ、みことは家族であるはずの沙羅のことが幼い頃から好きで恋心を抱いています。

沙羅は27歳の誕生日で交通事故で死んでしまう?

みことは救急救命士として働いているのですが、あることで悩みを抱えているんです。

その悩みとは、みことは手を重ねた人の最期の姿が視えるという能力です。

最期の姿が視えるのに、その人を救うことができない。

必ず現実になってしまうため、みこと自身やり切れない気持ちになっています。

そして、みこと沙羅と手を重ねた時に”みことが27歳の誕生日に亡くなる”ことを知ってしまいます。

だからこそ、みことは沙羅との残りの1年間の時間を大切にしたい

この気持ちからみことが家族とわかりつつ、少しずつ自分の気持ちに正直に行動をしていくようになります。

みことと沙羅は付き合うことになるの?

まず結論を言ってしまうと、みことと沙羅は付き合うことになります

ただ、家族同士ということもあり、兄の廉(桐谷健太)が2人の交際に反対することになります。

こちらが初めてみことが『沙羅への想いを確認した時の内容』となります。

『見たんだよ、秋祭りで。』

『沙羅が好きか?』

『好きだよ。』

『そうか、俺はお前と家族をやめる。』

出典:4分間のマリーゴールド

ただ、最終的に廉はみことと沙羅が付き合うことを賛成してくれます。

その理由はこちらです。

沙羅は海外に絵のアシスタントとして行くかもしれない流れになったのです。

その時に、みことは沙羅に好きな絵をして欲しいけど、自分の元に居てほしい

そう感じて。みこと沙羅を呼び出して、沙羅の死の真相を話します。

『もう時間がない。来年の8月23日に沙羅は死ぬ。』

もちろん、最初はみことの言葉を沙羅は信じませんでしたが、みことが予言した方が本当に亡くなる。

その状況からは『お前と沙羅が笑ってんなら、俺は何も言わねえ。』とコメントするのでした。

そして、みこと沙羅に対してこんなことを告白するのでした。

『俺は沙羅の夫になりたい。結婚しよう。』

そこから結婚へ向けて、話が進んでいきます。

みことと沙羅は結婚でハッピーエンド?

まず結論を言ってしまうと、2人は最終的に結婚してハッピーエンドを迎えます

それでは、それまでの流れを確認していきます。

沙羅の死が近付いてきたある日

信号待ちしていた沙羅たちの車に、暴走したトラックが突っ込んできます。

その衝撃で壁まで車が動き、トラックと壁の板挟みの状態になってしまいます。

沙羅は助かるのか?

みことが目を覚ました時、沙羅が頭から血を流している姿が。

その姿をみて、冷静にみことは沙羅へ冷静に対処をしていきます。

しかし、沙羅は『大好き』という言葉を最期に意識不明の状態に。

ただ、みことは諦めずに救命活動を続けます。

そして、救急車が到着して病院へ。

事故にあったのは6月21日で、みことは仕事の日以外は付きっきりで沙羅に寄り添います。

運命の誕生日が迫る

沙羅の誕生日である8月23日

みことは毎年プレゼントしているマリーゴールドを買って、病院へ向かいます。

なんと沙羅は生きていたのです!

病院の医師の話によるとこんなことをコメントされました。

「助かる確率は呼吸が止まってからどれだけ早く心肺蘇生を始められたかで決まります。」

「彼女は幸運でしたね。貴女がそばにいたから。」

そして、28歳の誕生日に約束通り。

父と母が結婚式を挙げた小さな教会で沙羅とみことは結婚式をする。

そんなハッピーエンドで終わりを迎えます。

まとめ

今回の記事では2019年秋ドラマ『4分間のマリーゴールド』について原作ネタバレを交えつつ、結末がどうなるのか?について紹介していきました。

生と死、そして禁断の愛が重なり合ったストーリーには注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です