【テセウスの船】ロケ地の雪は人工雪か本物か調査!暖冬で撮影が難しかった? | Forestar

【テセウスの船】ロケ地の雪は人工雪か本物か調査!暖冬で撮影が難しかった?

2020年1月19日にTBS系列で放送開始する【テセウスの船

 

 

モーニングで連載、2019年12月に最終巻が出て完結した東元俊哉さん人気漫画原作のドラマです。

今回は竹内涼真さん初主演のドラマで、過去にタイムスリップをしてしまい父親が犯した事件の真相を解き明かしていきます。

さて、原作の舞台は北海道、ドラマの舞台も宮城県ということで、

雪のシーンが多い本作ですが、今年の冬は暖冬で、スキー場では雪不足による営業中止があった地域もありましたよね。

今回の記事では雪のシーンをどうやって撮影したのか?を紹介していきます!

 

【テセウスの船】雪のシーンはどうやって撮影したの?

テセウスの船の舞台は、雪の降る、音臼村。

原作では北海道、ドラマでは宮城県の村という設定となっていますが、実在しないストーリー上の村になります。

雪深いところにある村、ということですね。

今年の冬は全国的な暖冬で降雪量最小でしたが、

雪の撮影はどうしたのでしょうか?

11月の撮影 特殊効果で雪を演出

ドラマ公式Twitterの投稿を引用しました。

撮影に使う雪は、

特殊効果チームの努力によって作られている、とあります。

水でも氷でも人工雪でもなく、いろんな素材、材料を使い分けて雪を再現しているようですね!

雪が降らずに苦戦しつつ撮影をすすめていらっしゃるのが伝わるプロデューサーさんのツイートも発見しました!!

 

さらに、テセウスの船の特殊効果チーム、そのお仕事かと思われるのが、鈴木亮平さんの変貌メイク。

このビフォーアフターをメイクで表現しているのは、作りこみにプロの技を感じますね!!

村での雪のシーン、見えない部分は緑になっていると考えると、特殊効果チーム、いろいろすごすぎる・・!!

12月 新潟の雪山で撮影

公式Twitterによると、雪国ロケ、しかも山の上の方だった、とのことですね。

こちらの特選映像によれば、新潟の山奥での撮影だったとのこと。

子役の女の子が自分の身長と同じくらい雪の高さがあった!とコメントしています。

また、竹内涼真さん、鈴木亮平さんの目撃情報がありました。

新潟県の湯沢高原です。

こちらも雪不足でスキー場OPENが怪しいところがあったようですが、

年末には雪がふぶくほどだったようですね。

竹内涼真さんは、東京からタイムスリップした設定なので、地元の人を演じる役者さんたちよりも、薄着での撮影だったようで、なお苦労されたようです!

まとめ

今回は雪の中の撮影ということで、かなり過酷なロケになっているようですね。

【参考記事】【テセウスの船】ロケ地&撮影場所はどこ?1話~最終回まで

また他の記事では【テセウスの船】を1話から最終回まで無料視聴する方法も紹介していきます。

ぜひご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください