Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

新元号の令和は万葉集の梅の花!由来となる歌全文を紹介!意味も

2019年4月1日に新元号が発表されましたね!

新元号は”令和(れいわ)”で、由来となったのは万葉集の32首序文である”梅の花”とのことでした。

さて、今回の記事えでは令和の由来となった”梅の花”の歌を全文を紹介しつつ、意味も確認をしていきましょう!

スポンサーリンク

新元号の令和は万葉集の梅の花!由来となる歌全文を紹介!意味も

今回の新元号である”令和”の由来になったのが、万葉集の”梅の花”となります。

まずは梅の花の全文を確認していきましょう。

初春月、木淑風鏡前粉之披、蘭珮後香

となっています。

ちなみに読み方としてはこちらになります。

初春の令月にして、氣淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す

スポンサーリンク

こちらの選定理由ですが、安倍首相のコメントをご紹介していきます。

人々が美しく心を寄せ合う中で 文化を生まれ育つように。 万葉集は日本最古の歌集。 梅の花は、 厳しい寒さの後にはるのおとづれをつけ見事に花を咲かせる 古き時代も良き時代を重んじ 一人一人が大きな花を咲かせる意味 梅のように咲き誇る花を咲かせる日本でありたい

とのことでした。

ちなみに、この梅の花は大伴旅人氏が太宰府で詠んだ歌と言われています。

その時は梅の宴があったようですが、この歌の意味は以下のようなものとなっています。

”(長い冬の後の)初春に咲くや、蘭みたいに、それぞれを咲かせよう”というある意味我慢の話となっています。

平成は災害も多かった部分もあるので、この歌を引用したのかもしれませんね。

みんなの反応が気になる!

それではここからネットの反応も確認していきましょう!

&

最後に

今回は新元号となった”令和”について出典となった万葉集の”梅の花”の全文や意味について紹介をしていきました。

スポンサーリンク

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です