【祝賀式典】嵐が歌う曲名はRay of Waterで確定!歌詞や意味、動画は? | Forestar

【祝賀式典】嵐が歌う曲名はRay of Waterで確定!歌詞や意味、動画は?

2019年11月9日に天皇陛下の即位を祝う国民祭典が皇居前で開かれます。

そして、同日17時からは祝賀式典が執り行われる予定で、嵐が両陛下の前で即位を祝い奉祝曲を披露することになりました。

そして、その曲名は”Ray of Water”となり、歌詞も判明したようです!

今回の記事では嵐が歌う”Ray of Water”の歌詞や意味、動画を見る方法を紹介していきます!

【祝賀式典】嵐が歌う曲名はRay of Waterで確定!歌詞や意味は?

さて、ネットで話題になっているように、嵐が歌う曲は”Ray of Water”と判明しました!

ちなみに歌詞はこちらとなります。

作曲家は”菅野よう子”さん。

作詞は”岡田恵和”さんとなっています。

そして、ピアノの演奏は盲目の天才ピアニストである辻井伸行さんがつとめられます。

曲名である”Ray of Water”と歌詞の意味とは?

まずは”Ray of Water”の日本語略をご紹介しますね。

直訳すると”水の光線”となります。

ただ、これだと意味がわかりませんので、少し歌詞の中から推測をしていきましょう。

注目したいのはこちらの部分ですね。

星明かりにじんで、ふと立ち止まったら雨の匂いの中に虹の歌を聴こう

かすかなそのうた まるでひとしずく

中略

ごらんよ 光は君とともにいる

恐らくですが、こちらの部分を見ると、意味が考えやすくなるのかなと思います。

どんなモノでも”最初は1滴の水しずく”。

ただ、それが積み上がることで何かを形成することと序盤で表現しています。

そして、後半ではその例として”虹”を紹介しています。

雨は1滴の水しずくで、その水しずくの中に光が通ったことで出来るのが虹ということです。

そして、虹について日本神話でどんなシーンで出てくるのか?を調査した所、以下のような説が出てきました。

イザナギとイザナミが虹を渡って下界に来たとされる

そして、天皇陛下の祖先はその2人の子供である天照大御神です。

つまり、祖先の繋がりを示しているのかもなと私は感じました。

このようにどんな小さなことでも、何かに繋がっているんだよということを歌詞の中で伝えたかったのかなと感じます。

それは笑顔でもあり、幸せでもあり。

これらを総称して、タイトルでは水として例えて、光のように反射しながらも、途切れることはなく、ずっと繋がっていくんだよということを示しているのかもしれませんね。

嵐が歌っている時の動画を観る方法は?

さて、続いては嵐が歌っている時の動画を無料で見る方法を紹介していきます。

15時時点で判明しているのは、AbemaTVで生放送中継をすることですね。

無料のインターネットテレビ「AbemaTV」で本日11月9日、16時40分ごろより、皇居前で開かれる「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」をノーカット生中継することが決定した。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191109-00010007-realsound-ent

そのため、確実に見たい方はAbemaTVで視聴することをオススメします。

この他にもニコニコ生放送でも視聴するようですね。

こちらに関しては、情報が入り次第、追記していきます。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください