【梅宮辰夫】ロバート秋山の体モノマネのネタはどうなる?俺が死んでもやってくれよが話題に | Forestar

【梅宮辰夫】ロバート秋山の体モノマネのネタはどうなる?俺が死んでもやってくれよが話題に

2019年12月12日に俳優の梅宮辰夫さんが亡くなられました。

ご冥福をお祈りします。

ネットでは別れを悲しむ声が多く上がっており、ショックが大きいニュースでした。

さて、そんな中で話題になっているのが”ロバート秋山さんの体モノマネ”です。

Tシャツに梅宮辰夫さんの顔をプリントしてモノマネをするものですが、今後モノマネを続けていくのか?やどうなるのか?が話題です。

実は梅宮辰夫さんはロバート秋山さんに”ある言葉”を残していたようですが、それが本当に感動的だったんです。

【梅宮辰夫】ロバート秋山の体モノマネのネタはどうなる?俺が死んでもやってくれよが話題に

ロバート秋山さんといえば、梅宮辰夫さんの体モノマネです。

ガキ使の笑ってはいけないシリーズでも披露されていましたが、定番ネタとして定着していますね。

さて、そんなロバート秋山さんですが、今後梅宮辰夫さんのネタを続けていくのか?がネットで話題になっています。

まず結論を言ってしまうと、ロバート秋山さんはモノマネを続けていくと思われます。

その理由は梅宮辰夫さんの”ある言葉”があるからなんですね。

ステージでは秋山が上半身裸になり、本人を前に梅宮の「体モノマネ」を披露。会場の爆笑を誘った。最初に体モノマネを見た時の感想を尋ねられると梅宮は「(当初は内心)すごく心配だった。やったけど全然ウケなかったというと、俺の恥にもなるし。余計なことをしてくれない方がよかったと思うじゃない。でも、今はコマーシャルにもしっかり出れるようになったから、俺としては拍手してます」と穏やかな表情で話し、秋山の芸をたたえた。

 秋山は「ありがたいです」と恐縮。梅宮から「どうせなら長く続けて、俺が死んでもやってくれよ」と励ましの言葉をもらうと、「この際、体をもっとしぼろうかな。それでこそ完コピですからね。この芸はひたすらやりますよ」と決意を新たに。そんな秋山に梅宮は「日焼けサロンはだめだよ。太陽で焼いてくださいね」とアドバイス。

出典:https://www.daily.co.jp/gossip/2017/04/30/0010144971.shtml

こちらは2017年4月30日に開催された”北九州市合同同窓会 二度目の成人式”でのやりとりとなります。

そのため、この言葉を尊重する意味で、ロバート秋山さんは続けるのかなと私は感じました。

もしかすると、このモノマネで2019年12月31日のガキ使笑ってはいけないシリーズに出演もあったら嬉しいなという声もネットで上がっていましたね。

まとめ

今回の記事ではロバート秋山さんが梅宮辰夫さんの体モノマネを続けるのか?について調査していきました。

恐らくロバート秋山さんとしては、梅宮辰夫さんのお言葉を尊重する形で続けていくのかなと個人的に感じました。

またロバート秋山さんからのコメントが出てくると思いますので、そちらも出てき次第、追記を致します。

【参考記事】【梅宮辰夫】ガキ使の登場シーンの動画まとめ!2019-2020の出演はあるの?

他の記事では梅宮辰夫さんがガキ使に出演していたシーンも紹介しているので、ぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください