パリコレ学2期│メイク審査結果!はき違えメイク&パリコレに近いと絶賛されたのは誰? | Forestar

パリコレ学2期│メイク審査結果!はき違えメイク&パリコレに近いと絶賛されたのは誰?

TBS系列にて日曜10時から放送中の、「林先生の初耳学」にて大好評となっている”アンミカ先生のパリコレ学”

第二期の指導もヒートアップしてきていますね。

ファッション審査、ウォーキング審査、二度目のファッション審査に引き続き、メイク審査がありました。

パリコレ学2期│H&Mファッションセンス審査の結果まとめ!合格者は誰?

特別講師にヘアメイクアップアーティスト、Eita氏を特別講師をお呼びして、自分の肌や骨格を理解し、個性が際立つメイクができているか?を審査しました!

アンミカ先生、第2期では険しい顔つきでより厳しく評価をしていますが、メイク審査の結果はどうなるでしょうか?

その合格者・不合格者についてまとめました!

合格者 

岡本百恵

顔に生命力のある艶が出来ていた。

アジア人しかない陰影を意識した3Dのメイクをしている。

パリコレにいつでも参加できる。

平田かのん

不合格者

伊藤葵

赤みは利用すべき。効果的なとこに残すべき。髪の毛も骨格を見せるようにすべきで、おでこをあげた方がいい。

似合ってる髪型が分からない、というのは問題発言。

おでこを上げ、頬の赤みを活かすと、スッキリ綺麗になりました!

黒木ユウ

 

リップラインの入れ方が古い、時代遅れ。また、緊張すると口をすぼめがちなので、オーバーリップの方が良い。

チークを入れると可愛くなりすぎるから入れない、というのはちがう。

 

魚住光生

正面の顔だけじゃなくてサイドも見てほしい。

皮膚が薄くて、青く血管が浮き出てしまっている。

普通のキレイなお姉さんになっている。個性を出さなければならない。

久貝和子

くまやニキビ跡が消えていないとだらしなく見えてしまう。印象がよくない。

チークと眉の形が骨格を決めているのに、チークを入れていない。

三根有葵

山岡美穂

もともと上品で日本では個性がある。

海外に残る個性ではない。

まとめ

今回のメイク審査、いかがでしたでしょうか?

他の記事では、参加メンバーのプロフィールをまとめています!!

【パリコレ学2】合格した8名のメンバーまとめ!プロフィールと画像【林修の初耳学】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください